【2018年】最新光目覚まし時計ランキング!

朝起きない妻目線から分析。あなたの妻が起きてこない理由とは?

自分は仕事があって嫌でも起きなければいけないのに、家を出る時間になっても全く起きてくる気配のない妻。

朝ご飯を作らないどころか、見送りさえも布団の中。自分は毎日苦労してお金を稼いできているのに、昼過ぎまで寝てグータラしている妻にはイライラするのも当たり前です。

そこで今回は、「朝起きない妻」だった私が主婦特有の朝起きられない原因とその心中についてお話ししていこうと思います。

実はこれを書いている私、以前まで「朝起きない妻」でした。

子どものころから朝が弱く、毎朝怒られながら親に起こされていましたし、もちろん結婚してからもそれは変わりませんでした。

だるくて重い体をひきずりながらキッチンに向かい、ご飯をよそい納豆のパックを机に置く。そしてまた布団に入り、二度寝。主人が家を出るころにまた布団から這い出て見送りをしてまた昼過ぎまで寝る。

最初はこんな感じで朝が弱くても必死に頑張っていました。頑張っているって言ったって、専業主婦としては最悪のレベルですよねw旦那様が必死に働いてるんだから、朝ぐらいしっかり起きろと。

でもうちの主人は優しい人だったので、私が寝坊した日は何も言わず自分で朝ご飯を食べ出社していきました。怒りもせず。なので、甘えてしまったんですね。そのうち、朝ご飯も用意しなくなり見送りも布団の中でするようになりました。

妻が起きてこない理由は3つあると思うんです。

このことかから分かるのは、妻の私が朝起きてこない理由。それは

  • もともと朝が弱い体質
  • 甘え

です。

それに、もう一つあります。それは

  • 必ず起きなければいけないとても重要な用事がない

ということですね。

朝が弱い私でも、学生時代は必死に朝起きて、遅刻することはあっても毎朝学校に行っていました。行かなければ単位が取れません。単位がとれないと留年します。留年すれば友人は離れていき、就職も不利です。

朝起きないことによって、自分ふりかかる「デメリット」が大きかったからこそ、必死で布団から這い出て学校に行っていたんです。

しかし主婦になってからはどうでしょう。朝起きなくても旦那さんは自分でご飯を食べて出社し、お金を稼いで帰ってきます。毎朝怒られるならまだしも、何も言わない旦那さんだったら起きる理由がますます見当たりません。

この3つが重なってしまうと、「朝起きてこない妻」の完成です!!

あなたの奥さんは、これに当てはまりそうですか?

多分、どれか1つは当てはまると思うんですね。原因がわかったところで、対策を考えていきましょう。

朝起きてもらうよう話し合いをして、自分の気持ちを伝える。

お互いの妥協点を見つけ、簡単なものでもいいから朝ご飯を用意するとか、見送りだけは布団から出るとか、朝奥さんが起きてこなければいけないような用事を作りましょう。

あとは、これをしっかり守らせるという強い気持ちが必要です。

きっとあなたが優しい旦那さんだから甘えて起きてこないんです。子供の夜泣きや仕事が忙しくて睡眠不足の場合を除き、しっかりとした態度でなめられないように話し合いをしましょう。

私も、普段めったに怒らない旦那が切れたのをきっかけに、朝起きる努力をするようになりました(笑)

朝起きられない体質だったら、改善できるように頑張ってもらう。

「甘え」という気持ちの問題もありますが、もともと朝が弱いというのもとても大きな要因です。

奥さんが気を確かに持っていても起きられないと悩んでいるようだったら、朝が弱い人向けのグッズを取り入れてサポートしてあげることも必要になってきます。

朝起きたいという気持ちがあっても、身体が朝起きるための準備ができていないとなかなか起きられるようにはなりません。

うち旦那にも好評だった「光目覚まし時計」がオススメです。

私も使っているのが、光目覚まし時計のinti4(インティ4)です。

3万弱と目覚まし時計としてはかなり高い部類ですが、朝起きる努力をするようになった私の姿勢を見て主人が買ってくれました。

薄暗い冬よりも、朝日がカーテンから漏れる夏の方がスッキリ起きられた経験はありませんか?

最大2万ルクスと朝日と同様の光を放つ光目覚まし時計を使うと、以下のような効果が期待できます。

  • 光を浴びると交感神経が優位になり、血圧が上がったりアドレナリンが分泌されるなど「スッキリ」と目覚めやすくなる。
  • 光を浴びると体内で生成される「セロトニン」は交感神経を刺激して脳を覚醒させてくれる。
  • 「セロトニン」は夜になると「メラトニン」に変化し眠気を誘発して寝付きの改善や夜更かしの防止にもなる。

私もこれを使い始めてからスッキリ目覚めることができるので、朝ごはんも納豆オンリーじゃなくて魚焼いたり、卵焼いたり味噌汁作ったりちゃんと作るようになりましたよ!それが習慣になって、旦那も3万以上の価値があったと喜んでいました(笑)

あなたの奥さんも、実は私みたいに朝が弱いタイプなのかもしれません。身体のコントロールは自分の意志では難しいところでもあるので、是非検討してみてくださいね。

 inti4の公式サイトを確認する

「朝起きられない妻」が光目覚まし時計を使用したレビューはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です