【必見】2018年度 最新光目覚まし時計ランキング!

意外と気づかない!朝起きられない原因は「病気」にあり?対策から病院での治療法まで解説。

  • 音の大きなの目覚まし時計をいくつもセットした。
  • スヌーズを5分おきにセットした。早めに布団に入ってみた。
  • 朝きちんと起きたいという気持ちはしっかりもっている。

それでも目覚まし時計の音が聞こえなかったり、寝起きが悪すぎて二度寝してしまったりと、朝起きられない事ってありますよね。

そんな中、「甘えている」「意志が弱い」「だらしない」と言われると自己嫌悪に陥ってしまうと思います。

朝しっかりと起きたいという意思はしっかりと持っているのに起きられない場合、「病気」が隠れているかもしれません。

自分はどのタイプの病気にあてはまるのか、チェックしていきましょう。

朝起きられないのは「夜眠れない病気」が原因

夜しっかりと眠ることができない、いわゆる「不眠症」が原因の場合です。睡眠時間が足りないと体も脳も疲労を回復できません。

疲れを翌日に持ち越してしまうため、体が重く、頭もスッキリしないので起きることができなくなります。

不眠症の症状は、大きく「入眠困難」「途中覚醒」「熟眠障害」の3つに分けられます。それぞれの主な症状は、以下のようになっています。

不眠症の種類 症状
入眠困難 寝付きが悪い。布団に入っても30分~1時間以上眠れない
途中覚醒 就寝~起床までに何度も目が覚める。再入眠できない
熟眠障害 睡眠の質が低下し、寝ても寝た気がしない

「入眠困難」「途中覚醒」「熟眠障害」のいずれの原因であっても、必要な睡眠時間を満足に得ることができないために、翌朝起床できなかったり、なんとか起床できても仕事や学業などのパフォーマンスを大きく落としてしまいます。

「寝たいのに眠れない」というのはとても辛いことですが、まずは以下の対策を試してみてください。

不眠症で朝起きられない時の対策は?

「夜眠れない病気」である不眠症の対策は、3つの症状ごとに違いがあります。それぞれの対策方法としては、以下のようなことが挙げられます。

不眠症の種類 対策
入眠困難 就寝前はスマホやテレビを見ず薄暗い部屋でゆっくり過ごす。食事や体温調節に気を使い寝つきの良い体づくりをする。
途中覚醒 寝酒をしない。寝る前の水分を控えめにする。夜中覚醒しても時計を見ない。
熟眠障害 生活リズムの改善。睡眠環境の改善。

このように、不眠症の種類によっても効果的な対策方法は違ってきます。自分の不眠症の種類を正しく把握し、効果的な対策を行って症状を改善していきましょう。

関連記事:
夜眠れない時に。「体温」のコントロールをして一瞬で寝付く方法!

朝起きられないのは「体質」が原因

朝起きられない原因として、「体質」も挙げられます。具体的には、「低血圧」「低体温」「低血糖」といった体質を持っている人は、朝起きられないことが多いと言われています。

このうち、「低血圧」に関しては、朝が弱いことに直接的な関係がない、よく言われている俗説・嘘であるという主張をする医師もいます。

しかし「起立性調節障害」などをはじめとする自律神経の病気は、「低血圧」が原因のひとつとして考えられていますので一言に無関係とも言い切れません。

また、朝人が目覚める前のからだの変化として、体温が上昇し、血糖値が上がるというものが見られます。

そのため「低体温」「低血糖」体質の人は、朝起きるためのからだの準備が整わず、起きるのが苦手な傾向になりやすいです。

これらの体質を持っている人は対策を考えておいたほうがよいでしょう。

低血圧、低体温、低血糖の対策は?

「低体温」の方の場合、運動や食生活の見直しによって体質改善を行い、体温を上げる努力をすることで朝起きられない症状を改善することが可能です。

ウォーキングやジョギングなどの軽い運動をしたり、身体を温める「ショウガ」「にんにく」「長ネギ」などの食材を積極的に取り入れたりすることで、体質改善が可能となります。

「低血糖」の方の場合も、生活環境の見直しによって体質改善を行うことが大切です。

低血糖の場合には特に食生活の改善が重要であり、高たんぱく・高脂質な食材を優先的に食べる、肉や魚などを中心的に食べるなどの食生活改善を行うことで、体質を改善することができます。

これらを長期的に行っていくことで、ゆるやかにではありますが朝起きられない症状を改善し、快適に目覚めることができるようになっていくでしょう。

朝起きられないのは「精神疾患」が原因

「精神疾患」が原因で、朝起きられなくなっているという方もいます。

精神疾患の中で最も朝起きられない症状と関係が深いのが「鬱」です。

鬱状態が続くと夜眠れないことが多くなり、睡眠不足、あるいは睡眠薬などの服用によって朝すっきりと目覚められない状態となります。

夜眠れないことで昼間に眠気を覚えてしまい、昼夜逆転のような状態になってしまうこともあります。

また、冬場に日照時間が減少することで「鬱」と似た症状を抱える「冬季鬱(ウィンターブルー)」「季節性感情障害」と呼ばれる状態に陥る方もいます。

この場合も、夜眠れずに朝すっきりと起きられなくなり、睡眠障害、昼夜逆転といった鬱状態と同じような症状を抱えてしまう可能性があります。

鬱病で朝起きられないときの対策は?

「鬱」の原因としては様々なものが挙げられます。

中でも、副腎から分泌される「コルチゾール」という物質が脳内に増えすぎると、鬱状態に陥ってしまうことが多いといわれています。

鬱状態を改善させていくためには生活習慣、食生活などの改善が重要になりますが、それでもなかなか改善されない場合には、病院で「抗うつ薬」の処方をしてもらうとよいでしょう。

「薬を飲むことに対して抵抗がある」という方も、現在では様々な抗うつ薬が処方されており、より副作用などの少ない薬を処方してもらうことも可能となっています。

朝起きられないなど社会生活に深刻な影響を及ぼす睡眠障害が続く場合には、抗うつ薬の処方を検討してもらったほうがよいでしょう。

朝起きられないのは「内臓」が原因

「内臓」の機能に問題があることで、朝起きられないことが続いてしまう方もいます。代表的な内臓機能の問題として、以下のようなものが挙げられます。

内臓機能の種類 症状
副腎疲労症候群 副腎の機能が低下し、睡眠障害などの症状が発生。鬱状態と混同されることも多い。
肝臓機能障害 「脂肪肝」などで肝臓の機能が低下し、代謝が低下して血流が悪くなり、夜眠れないなどの症状が発生する。
生活習慣病 生活習慣の問題で内臓の機能が複合的に低下し、慢性的に疲労感が抜けず朝起きられなくなる。

「副腎疲労症候群」は、日々のストレスや気温の変化、食生活などによって副腎の機能が低下し、鬱状態に似た症状が発生してしまうものです。

「肝機能障害」は、生活習慣によって起こる「脂肪肝」、アルコール性、ウィルス性などさまざまな理由によって起こる「肝炎」などによって肝臓の機能が低下し、代謝が低下することで血流が悪化して、睡眠障害を引き起こすものです。

「生活習慣病」は、日々の生活習慣によって胃、肝臓などさまざまな臓器の機能が低下し、寝ても疲れが取れないことで朝起きることが難しくなるものです。

内蔵の疾患により朝起きられないときの対策は?

内臓の問題に関しての対策は、症状ごとに違ったものとなります。以下に簡単に対策方法をまとめました。

内臓機能の種類 対策
副腎疲労症候群 日々のストレスコントロール、食事や飲み物などによる体調の管理。
肝臓機能障害 食生活やアルコールなどに起因するものはそれらの改善。ウィルス性の肝炎に関しては早期の治療
生活習慣病 生活習慣の見直しによる血圧、血糖値、脂質などの適正なコントロール。

まずは自分の内臓の問題がどのようなものかを確認したうえで、上記のような対策を長期的に行っていくことにより、症状を改善することが可能になるでしょう。

朝起きられないのは「体内時計の狂い」が原因

体内時計に狂いが生じてしまっていることで、朝起きられない状態になっている方もいます。体内時計の狂いによる朝起きられない症状は、「概日リズム睡眠障害」という名称で呼ばれています。

「概日リズム睡眠障害」は、昼と夜の1日のサイクルと自分の体内時計のサイクルが合わないことで、夜眠れない状態になったり、昼間や夕方に強烈な眠気に襲われたり、朝起きられない状態が続くなど、さまざまな睡眠障害が現れるものです。

仕事における交代勤務で生活リズムが一定でなかったり、夜更かしが続いてしまう生活スタイルの場合に体内時計に狂いが生じてしまい、上記のような症状が発生してしまうのです。

「体内時計の狂い」の対策は?

体内時計の狂いによって生じる「概日リズム睡眠障害」は、専門医による治療が効果的です。では、「概日リズム睡眠障害」を治療する際には、何科を受診すればよいのでしょうか。

専門医の在籍している「睡眠外来」や、睡眠障害に明るい「心療内科」などがベストな選択ではありますが、それほど症状が重くない場合にはまず通常の内科で相談してみるのもよいでしょう。

「概日リズム睡眠障害」は、薬の服用によって症状を改善させることが可能です。体内時計を整え、生活リズムを正常に戻す働きのある「メラトニン」を服用することで、夜眠れない、朝起きられないなどの症状を改善することができます。

朝起きられないのは「発達障害」が原因

「発達障害」が原因で、朝起きられないことに悩まされているという方もいます。発達障害の中でも、特に「ADHD」の方の場合は朝起きられない、夜になっても眠れないなどの睡眠障害を併発することが多くなっています。

「ADHD」の方が睡眠障害に悩まされてしまう原因のひとつに、前頭葉の「行動を切り替える」という部分が上手くいかないために、疲れているのに眠れない、朝すっきりと起きることができない、などの睡眠障害を引き起こしてしまうというものがあります。

逆に、一度眠ると眠りすぎてしまい、起きることが難しくなってしまう「過眠症」という症状に悩まされてしまう方もいます。

また、夜眠れないために昼間に猛烈な眠気に襲われてしまうなど、社会生活にも悪影響を及ぼしてしまうことがあり、前述した「概日リズム睡眠障害」を併発してしまうようなこともあります。

また「夜眠れない」ということで睡眠導入剤などを利用し、かえって生活リズムが乱れて睡眠障害が悪化してしまうようなこともあります。

ADHDで朝起きられないときの対策は?

発達障害が原因の睡眠障害は、脳内の物質を服薬で補うことで、眠れない、あるいは眠りすぎてしまうといった状態を改善することができます。

「ADHD」の方の脳内にはもともと「セロトニン」という物質が不足しており、セロトニンを原料として作られる「メラトニン」という物質が不足することで、睡眠障害に悩まされてしまうことがあるのです。

この「メラトニン」不足は、前述した「体内時計の狂い」による睡眠障害と同じ原因であり、「概日リズム睡眠障害」の治療と同様に、生活リズムを正常に戻す働きのある「メラトニン」を服用することで症状を改善することが可能になるのです。

朝起きられないのは「女性特有の病気」が原因

女性の場合、「女性特有の病気」によって朝起きられなかったり、睡眠に問題を抱えてしまうこともあります。

女性の「生理」のバイオリズムは睡眠の質にも大きくかかわっており、「生理前」「生理中」「生理後」のいずれか、あるいはそのすべてのタイミングで、睡眠の内容に変化があるという方が多くなっています。

「生理前」「生理中」「生理後」のいずれの場合でも、昼間に急激な眠気に襲われたり、逆に夜は眠れなくなったりし、これらの結果として、朝起きるのがつらくなってしまうことがあります。

このような眠気の変化は、PMS(月経前症候群)や、生理中の体調不良、生理後の体調の悪化などとともに現れることが多く、女性にとってはつらい状況が続いてしまうこともあります。

PMSで朝起きられないときの対策は?

「生理前」「生理中」「生理後」のいずれの場合でも、睡眠の変化はホルモンバランスの変化が大きくかかわっているといわれており、体調管理に注意することで症状を軽減させることができます。

睡眠の変化は生理にかかわる他の不快な症状と連動していることが多いため、これらの症状を軽減する方法を行うことで、睡眠の質を保つことが可能となることもあります。

また、低用量ピルを服用することも効果的です。低用量ピルを服用することで生理に関する不快な症状を軽減し、必然的に睡眠に関する症状も軽減させることが可能になります。

朝起きられないのは「自律神経の病気」が原因

「自律神経の病気」によって、朝起きることができないという人も少なくありません。

自律神経の病気の中でも、朝起きるのがつらくなってしまう病気として思春期の子供に多い「起立性調節障害」というものが挙げられます。

「起立性調節障害」とは、ODと略されることもある自律神経の病気であり、特に子どもに起こりやすい病気として知られています。

立ち上がった際に血圧が急速に低下したり、心拍数が上がりすぎたりするうえに、その調節に時間がかかってしまうのがこの病気の特徴です。

代表的な症状としては立ちくらみが挙げられ、ほかにも長時間立っていられなかったり、疲れやすくなってしまったりといった症状に悩まされてしまうことが多くなっています。

自律神経の調節機能の異常によって引き起こされるこの病気は、適切な治療を行わなければ対策のしようがなく、これらの体調不良によって不登校になってしまうような子どもも数多くいるのです。

朝起きられない症状としては立ちくらみなどで物理的に起きるのがつらいことはもちろん、精神的な部分でも起きて学校に行くのがつらくなってしまうような場合もあるでしょう。

起立性調節障害で朝起きられないときの対策は?

「起立性調節障害」は自律神経の病気であり、精神科や心療内科といった医療機関にかかって治療を行うことが重要になります。

医療機関では生活習慣の改善などといった生活指導や、抗不安剤、漢方などを処方する投薬治療などを行ってくれるため、少しずつであっても快方に向かっていくことが期待できます。

また、「起立性調節障害」によって学校などでうまくやっていく自信を失っているような子どもに対しては、これらの治療とは別に心のケアが必要になってくる場合もあるでしょう。

朝起きられない原因となる病気は、市販薬で改善できる?

ここまで、朝起きるのがつらい、朝起きられない症状として7つの原因をご紹介しました。

これらの中で、市販薬や日頃の生活習慣の見直しなど、病院に行かなくても改善できる可能性のある病気は「不眠症」「鬱」「内臓疾患」などが挙げられます。

夜眠れない病気である「不眠症」の場合、ごく軽い症状のものであれば、生活習慣を見直すことで改善できる場合もあります。

「入眠困難」の場合には寝る前に軽いストレッチを行って身体の緊張を解きほぐす、「途中覚醒」の場合はすぐに眠れるように温かい飲み物を飲む、「熟眠障害」の場合は起きている間の生活リズムの改善などを行うことで、症状を改善することも可能です。

また「不眠症」の場合、市販の「睡眠改善薬」を服用することで、特に「入眠困難」の状況を改善することは可能になります。

精神疾患である「鬱」の場合、ごく軽い状態の段階では生活習慣や食生活を正して、規則正しいものにしていくことで症状を改善させることは可能です。

また市販薬の中には、「抗うつ薬」と同じ成分が含まれているものもありますが、自己判断での服用は危険な場合もあるので控えておいたほうがよいでしょう。

生活習慣の改善などでも著名な成果がない場合には、病院で薬を処方してもらったほうがよいでしょう。

内臓の問題である「副腎疲労症候群」「一部の肝機能障害」「生活習慣病」に関しては、いずれも日々のストレスをコントロールしたり、食事や生活リズムの改善を行ったりすることで改善させていくことが可能です。

市販薬では特に「生活習慣病」「脂肪肝」などの場合には日々の運動と並行してダイエットサプリなどを飲むことで、症状をより急進的に改善することも可能になるでしょう。

しかしいずれの場合でも、市販薬や生活習慣の改善などで症状を好転させることができるのは、症状がごく軽い場合に限られます。

朝起きられない状況が長く続くような場合には、早めに病院に行っておいたほうがよいでしょう。

これらの病気はそれぞれ何科に行けば良いの?何科?治療法の早見表。

ここまで紹介してきた7つの原因に関して、実際に病院に行く場合にはどの医療機関、何科を受診すればよいのでしょうか。以下に受診科と、主な治療法の早見表を作成しました。

原因 受診科 主な治療法
夜眠れない病気 心療内科・精神科 生活習慣の改善指導、投薬治療
精神疾患 心療内科・精神科 カウンセリング、投薬治療
内臓 内科 生活習慣の改善指導、(ウィルス性肝炎などの場合)外科的治療
体内時計の狂い 心療内科・精神科 生活習慣の改善指導、投薬治療
発達障害 心療内科・精神科 カウンセリング、投薬治療
女性特有の病気 婦人科・産婦人科 生活指導、投薬治療
自律神経の病気 心療内科・精神科 生活習慣の改善指導、投薬治療

このように、心療内科や精神科を受診することがベストな選択である場合が多くなっています。

また、心療内科や精神科以外により睡眠の問題を専門的に扱っている「睡眠外来」を受診するのもよいでしょう。

「睡眠外来」では、睡眠の状況から朝起きられない原因を特定し、より効果的な解決方法を提案してくれます。

朝スッキリ起きるために日頃から気をつけたいチェックポイント

朝スッキリ起きて、仕事や学校へ元気いっぱいに行くことができるのはやはり幸せなことですね。

朝起きられない、昼間に強烈な眠気に襲われる、夜眠れないといった症状が毎日続くような場合は病院を受診したほうがよい場合もありますが、これらの症状がたまに起きてしまうような方の場合は、生活習慣を改善し、日頃から気をつけたいチェックポイントを押さえておくだけでも朝スッキリ起きられるようになる場合もあります。

以下に、朝スッキリ起きるために気をつけておきたいチェックポイントを挙げていきます。

  • 規則正しい起床時間、就寝時間を守る
  • 夜更かしはできるだけしない
  • バランスの取れた食生活を心掛ける
  • ストレスをためこまない環境づくりをする
  • 朝起きたらまずカーテンを開ける
  • バランスの良い朝食を食べる
  • スヌーズ機能は使わず、目覚まし時計は1回で目覚める
  • 朝、オレンジジュースなど柑橘系の飲み物を飲む
  • 眠気を覚ますツボを押す

これらのチェックポイントを実践するだけでも、朝の目覚めが格段に良くなることが期待できます。ぜひ、明日から試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

朝起きるのがつらい、朝スッキリ起きられないといった症状には、大きく分けて7つの原因があることがわかりました。

内臓の問題や女性特有の病気の問題などの原因もあるものの、やはり精神的な部分に原因があるものも多くなっています。

特に症状が軽い場合には日々の乱れた生活習慣やストレスなどを軽減することで症状を改善させることが可能な場合もありますが、毎日のように朝起きられなくなるなど重症化してしまった場合には病院へ行くことが重要となります。

最近では、睡眠外来という専門外来もできていることで、睡眠に問題を抱えている人の原因をより的確に、そしてより深く探ることも可能になってきました。

睡眠に問題があることはわかっているけれど、どんな病院にかかればよいかわからない、何が原因かわからないというような方は、まずは睡眠外来に足を運んでみることをおすすめします。

朝スッキリ目覚めて、快活な1日を過ごせるようになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

//ミエルカヒートマップ計測タグ