【必見】2018年度 最新光目覚まし時計ランキング!

2、光目覚まし時計で起きられるようになる「準備運動」の詳しいメカニズムとは?

1、光目覚まし時計とは?でご紹介した、スッキリ目覚めるための「準備運動」の詳しいメカニズムについて解説していきます。

起床前に光を浴びることで、体にどのような変化が起こるのか?

光目覚まし時計の光や、朝カーテンから漏れる太陽光を浴びると、体はどのような変化をして「起きる準備」をするのでしょうか?

メカニズムは、以下の通りです。

睡眠中。副交感神経が優位で血圧、体温、血糖値が低く熟睡した状態。

光目覚まし時計で光を浴びる

まぶたから光を取り入れ朝だよ!と脳へ信号を送る

交感神経が優位な状態になる

アドレナリンが分泌され、血圧、体温、血糖値が上がる

自然と目が覚める(スッキリ!)
MEMO
交感神経とは自律神経のひとつで、起きて活動しているとき、興奮状態や緊張状態のときに優位になります。
逆に寝ているときやリラックスしているときは、副交感神経が優位になって深い眠りへと導いてくれます。

このアドレナリンが分泌されることによって、体は体温、血圧、血糖値を上げ、体は起きる準備を整えます。

朝起きられない人の根本的な原因は低体温、低血圧、低血糖ですから、光を浴びて交感神経を優位にすることはスッキリ起きるために有効な解決策となるんですね。

次ページ 光でスッキリと起きるためには、どのくらいの明るさが必要なの?

//ミエルカヒートマップ計測タグ