朝起きられない人のための光目覚まし時計情報サイト

光目覚まし時計NAVI

光目覚まし時計

【失敗】自作光目覚まし時計を作ったけど、起きられなかった話。

更新日:

自作光目覚まし時計を作ったけど起きられなかった話

普段から寝坊癖のある私ですが、就活が始まってセミナーのある日でも

遅刻ギリギリで起きる

自由参加だし今日はいっか・・・

説明会どころか面接までたどり着かない

という感じで、周りもいつしか就活の話ばっかりでついていけなくなり、焦りを感じていました。

さすがにやばいと、でもどうしても起きられない・・・と悩んでいたときに見つけたのが光目覚まし時計

高いやつだと3万円くらいするんですよね。でも、Amazonだと5千円くらいのがたくさん売っているのでそれを購入しようと思いました。

しかし、理系脳の私。その価格差の間にはいったいどんな理由があるのか知りたくて、徹底的に調べました。

すると、安い光目覚まし時計は光の強さが足りなくて、脳を覚醒させるのには不十分だと言うことが分かりました。

安い光目覚まし時計じゃなぜダメらしいので、自分で作ることにした

でも、就活でバイトをセーブしている私に3万円の光目覚まし時計はきつい。じゃぁ、自分で作っちゃえ!とせこせこ作成することに決めました。

ただの電球じゃ光の強さが足りないらしいので、投光器タイマーコンセントを使用。

MEMO

タイマーコンセントとは、決まった時間に電源がONになるコンセントのこと。

作り方は、起きる時間に合うようにタイマーをセットして、そのタイマーコンセントに投光器のコンセントをさすだけ!

投光器はルーメン表示でしたが、設置場所から50cm以内に寝ると仮定してルクスに直すと1万ルクス以上。

高い光目覚まし時計の上位機種(4万くらいする)と同じくらいの明るさ!!コレは起きれると期待が高まります。

ちなみに、投光器とタイマーコンセントはコレを使いました。


簡単デジタルタイマー PT70DW

簡単デジタルタイマー PT70DW

1,050円(10/19 22:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

合計4000円で作れた!

安い光目覚まし時計並の値段で、4万円相当の光目覚まし時計と同じ明るさ!

得した気分になって、早速使ってみました。

いざ、タイマーを付けて就寝!

いつも6時に起きるので、5時50分にタイマーセットして就寝!

念のため、音の目覚ましも6時に一応セットしました。

1日目

音の目覚ましで6時に起床。自作光目覚まし時計は光ってる!部屋全体が明るい。

でも、ベッドボードに置いているからなのか顔に当たらなくて寝起きはイマイチ。

いつもは聞こえない目覚まし時計が1回目で止められたのは少し効果が見られたかな。

2日目

ちゃんと顔に届くように、顔の高さに調節したいすを横に置いて、その上に投光器を置き就寝。

結果、反対側を向いていたので音の目覚まし時計で起きる。

3日目

2日目と同じようにベッドサイドに置いて就寝。

この日は自作光目覚まし時計の方向を向いて寝ていたので、アラーム前に起きることができました。

でもなぜか光を浴びていたのに、そこまでスッキリはしていないような。微妙な寝起きでした。

結論

私は基本横向き寝で寝ているので、光が顔に当たる人当たらない日があり、起きられる人起きられない日に大きな差がありました。

でも、部屋全体が明るくなるので目覚まし時計の音が聞こえるようになったのは大きな進歩です!

自作光目覚まし時計のどこがダメだったのか?

設置方法のバリエーションが少ない

やっぱり、光目覚まし時計は「設置方法」が重要みたいです。

明るさばっかりに目が行って、設置方法の口コミまではあまり見ていなかった私。

よくよく読み込むと、高い光目覚まし時計でも設置が上手くいかずに起きられなかったって言う声もよくありました。

こんなスタンド付きの投光器もありますが、これは充電式でコンセント指したまま使ってはいけないらしい。ということは、タイマーコンセントが使えないのでNGなのです・・・。

やっぱり自作光目覚まし時計の場合は、小さめの物を枕元に置くしか方法はないようです。

重くて危ない

投光機を使った自作光目覚まし時計は、枕元に置くか合うスタンドがあればスタンドで設置することになります。

コンパクトな投光機でも、1kg前後の重さ。これが顔に落ちてきたら危ないですよね・・・。

既成品の光目覚まし時計は400g程度なので、それと比べると危ない重さです。

光を徐々に明るくする方法がない

もう一つの不満がこれ。後で書きますが、親に買ってもらったinti4は徐々に明るくなって、本当に不快感なく起きられるんです。

でも投光機で造った自作光目覚まし時計だと、イマイチスッキリ起きられない・・・。

調べてみると、スッキリ起きるためには浅い眠りの時に目が覚めると良いらしいです。

でも、いきなりMAX眩しい光を深い眠りの時に浴びてしまうと、刺激が強すぎて浅い眠りになる前に目が覚めてしまうみたいなんですね。

だから徐々に明るくして、ゆっくり浅い眠りへ導いてあげるのが良いみたいです。

結局親に相談して、3万円の光目覚まし時計を買ってもらった

そこで前々から気になっていたinti4(インティ・フォー)を買ってもらいました。

専用アームまでついていて、「そう、私が求めていたのはコレ!」って思った(笑)

重さも400gで軽いし、明るさも投光器には劣りますが3500ルクスと目覚めるための2500ルクス以上でクリア。

アームと一緒に使ってみると、ちゃんと顔に光が当たるし音のアラームが鳴る前に目が覚めてびっくりしました。

関連記事


【口コミ】買うの?ちょっと待って!光目覚まし時計inti4の効果とリアルな評判は?

【口コミ】買うの?ちょっと待って!光目覚まし時計inti4の効果とリアルな評判は?

まとめ

光目覚まし時計を自作しようと思っている人は

  • 明るさ(電球じゃ明るさが足りない)
  • 重さ(ベッドボードにおいて落ちてきたら危ない)
  • 目に優しいかどうか(投光器は直視したらやばいらしいです・・・。)
  • 設置の仕方(寝返りしても大丈夫なように、顔の真上から照らせるか)

に注意して作ってみてください!
私も再度作ろうと思いましたが、時間をかけていたら卒業が危ないので止めました・・・。

結局、安全性と設置面を考えると既製品買った方が早いです。

親には分割で目覚まし時計代払ってますが、目覚めが思ったより良いので、思い切って買ってよかったと思います!

では!

関連記事


【2018年最新】光目覚まし時計9機種比較ランキング|差が一目で分かる比較画像がスゴい!

【2018年夏最新】光目覚まし時計9機種比較ランキング|差が一目で分かる比較画像がスゴい!

-光目覚まし時計

Copyright© 光目覚まし時計NAVI , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.