【必見】2018年度 最新光目覚まし時計ランキング!

「YABAE Wake Up Light」は光が弱い?光目覚まし時計としての効果と口コミを調査!

Amazonでベストセラーの「YABAE Wake Up Light」は300件以上の口コミがあるにもかかわらず、評価は★5つ中★4つととても高評価な光目覚まし時計です。

価格も4000円程度と目覚まし時計としてはちょっと高めの部類ですが、光目覚まし時計としてはお手頃な価格です。

そこで、本当にこの評価通り光目覚まし時計としての効果があるのか、元遅刻常習犯・光目覚まし時計マイスターのカンノが 口コミを分析・さらに購入、使用レビューをしていきたいと思います!

YABAE Wake Up Light MY-3の特徴

  • サイズは17.5×10×10(cm)
  • 明るさは230ルーメン、重さ400g
  • 起床時刻の30分前から朝日のように徐々に明るくなる光目覚まし時計
  • 選べる5種類の自然音アラーム搭載
  • 3段階の光量調節可能で、読書灯など用途別に使い分けが可能
  • カラフルな1600色のイルミネーションライト搭載
  • 充電してコードレスで使用可能(光目覚まし時計機能を使用時はコードをつなぐ必要あり)

光目覚まし時計としても、読書灯としても使えるYABAE Wake Up Light。形もスタイリッシュで、ベッド脇に置いても机に置いても使えます。それぞれの特徴を詳しく解説していきたいと思います。

設定方法

  • 電源ボタン
  • +-ボタン
  • 時刻設定ボタン
  • アラーム設定ボタン

のシンプルな5つのボタンで、説明書を見れば簡単に設定できます。
ライト・アラームのON・OFFはライト上部のタッチボタンを使います。

光目覚まし機能

アラームを設定した時刻の30分前から点灯し、徐々に明るくなり起床時刻には一番明るい光を発して気持ちよく目覚めさせてくれます。

上の画像は、私の寝室で使用した場合の様子です。光目覚まし時計として使う場合、布団を敷いて寝ている人は小物入れなどの上に置き使用しましょう。床に直接置いても顔まで光が届かず、効果を発揮できないことがあります。ベッドに寝ている人は、ベッドボードに置けばOKです。また、YABAEは充電も可能ですが、光目覚まし時計機能を使う場合はコンセントにつなぐ必要があるので、コンセントの場所もチェックしておきましょう。

アラーム音・スヌーズ機能

5種類の自然音からアラームを選ぶことができます。
森の鳥鳴き、海の声、雨の日の声などの自然音が、光と共に5分間鳴り続けます。
電子音やベル音とは違い、気持ちよく目覚めることができそうですね。
スヌーズ機能はなく、1度でパッと起きられない人は少し不安かもしれません。

電源・光源の種類

YABAE Wake Up LightにはUSBケーブルが付属しているので、USBソケットで充電・給電することができます。
ACアダプタは付属していないので、コンセントにさして使う場合は別途購入が必要なので注意してください。

充電時間は

1A出力 約4時間
2A出力 約2時間
で充電が完了します。

光源はLEDを使用しており、2万時間使用することができるので、基本的に替える必要がありません。(1日5時間の使用で22年間使用できます)
カラフルなイルミネーションモードもLEDだからできる機能ですね。

賛否両論!みんなの口コミ

ベストセラーだけあって、Amazonだけで300件以上口コミがあるんですね。
8種類以上の光目覚まし時計を持っている私が、いくつかピックアップして分析してみたいと思います!

朝自然に目覚めるようになった

子供も私も朝が苦手で、目覚ましが鳴っているのに、なかなか聞こえなくって、起きれません。そのため何個も何個も色々な目覚まし時計を購入しています。これを購入してからは、また起きれなかったことはありません。起きるのも自然に早く起きれるようになりました。そのためバタバタが少なくなり余裕ができて遅れることもありません。自然に起きるから無理に起こされた感じがないので、朝から気持ちいいです。購入してよかったです。
引用:https://amzn.to/2HEpO02

日によって設定時刻を変えるには面倒

目覚ましが壊れいろいろ探しました。電子音が気になり、朝目を覚ますのよりあの音で起こされる事自体が嫌でたまりませんでした。かと言って無しでは起きられないし… こちらの鳥の声は本当の鳥の声が外から聞こえて来るような自然さそのものの音です。それも大きな音でなく森のなかから聞こえてくるようなやさしい音で朝の目覚めがとても気分が良く目覚められます。
ただデジタルですし針を簡単に設定出来るわけでなし、ボタンを毎回たくさん押して時間を設定するのが面倒です。毎日同じ時間に起きるのなら問題ないのですが、二時間のズレのある生活なのでそれが難点と言えば難点です。
引用:https://amzn.to/2HEpO02

光目覚まし時計としては暗いが、多機能で便利

光目覚まし時計ですが、LEDを最大の明るさにしても少し明るめの間接照明ぐらいだと感じました。想像と違っていたので少しがっかりだったのですが、多機能という点て便利です
引用:https://amzn.to/2HEpO02

スヌーズ機能があるとなお良し

寝坊する事が多くて悩んでいた所に光目覚まし時計を見て即購入しました。使用して二週間程ですが、少しずつ起きられるようになって来た?かなー?という感じです。
星を4個にしたのはスヌーズ機能があれば良いなと思いました。これからも使っていきます\(^o^)/
引用:https://amzn.to/2HEpO02

タッチボタンの感度が悪い

上部のセンサーをタッチすることで、光をon offしたり、アラームを止めたりするんですけど、感度が悪くて反応しないことがちょくちょくあります。
知っていて購入したのですが、スヌーズ機能が無いのはやはり残念ですね
またアラームをセットしても鳴らないことがたまにあります。再設定するとまた鳴りました。
引用:https://amzn.to/2HEpO02

光量が足りない

光で起きると良いというのがテレビであっていて光の目覚まし時計を探して安かったので買いました。テレビでは太陽と同じ位の明るさを浴びるといいと言っていましたが、ホテルなどで足元を照らしてくれるフットライト位の明るさしか出ていなくて、全く起きませんし全く役に立っていません。高くても機能が良い物を買い直そうと思います。
引用:https://amzn.to/2HEpO02

不良品だった

購入して2週間で我が家のものも音が鳴らなくなりました。
光がつけば起きられるからと思い使い続けていたら、3週間で目覚ましをセットした時間に光もつかなくなりました。
さすがにひどいです。
デザインなどはとても気に入っていたのに本当に残念です。
引用:https://amzn.to/2HEpO02

光目覚まし時計マイスターがYABAEの口コミを分析!

壊れやすい口コミが多い・・・。

一番口コミの中で目立っていたのが、「スグに壊れる」というものでした。
これは光目覚まし時計としての効果以前の問題ですよね。数週間~3ヶ月で故障したという口コミが40件以上あります。

YABAE Wake Up Lightは1年間の製品保証がついているので、故障した場合交換して貰えますし、実際新品と交換して貰ったというレビューもたくさんあります。

しかし、新品が送られてきても壊れやすさは同じ。ある日いきなり使えなくなって寝坊!なんてことになったら大変です。

光目覚まし時計としての効果は「人による」

また、光目覚まし時計としての光の強さについては賛否両論でした。

「目覚めが良くなった」「朝アラーム前に目覚めるようになった」という声が多数でしたが、一部光量が足りないという声もありました。
光目覚まし時計を8種類持っている私としては、YABAE Wake Up Lightの光量は下から2番目程度。明るさも、人がスッキリ起きられるようになるための2500ルクス以上の明るさには届きません。

しかし、「起きられるようになった」という口コミが多いのも事実です。
それは、光の感受性が強い人、弱い人がいて、起きられるようになったのは「光の感受性が強い人」だと思われます。

夏の日の出が早い季節でも寝起きが悪い人は、光の感受性が弱い傾向にありますので、もっと明るい光目覚まし時計を選びましょう。
こちらの記事で、2500ルクス以上の光を放つ光目覚まし時計をランキング形式でご紹介しています。

【厳選比較】光目覚まし時計おすすめランキング!失敗しない選び方のコツとは?

目覚まし時計としてのメリットデメリット

YABAE Wake Up Lightのメリット

充電してデスクライトとして使うことができる。

光目覚まし時計としての評価は分かれますが、デスクライトとしての評価は上々なYABAE。
光目覚まし時計機能を使うときはコードをコンセントにつながないといけないですが、デスクライトとして使用する場合は、充電してコードレスで使うことができます。

満タンに充電すると、モード別に以下の時間使用することができます。

低照度モード:8~9時間
中照度モード:4~5時間
高照度モード:2~3時間
ムードモード:9~10時間

コンセントを気にせず使えるのは便利ですよね。寝る前の読書、授乳ライトとしても使うことができます。
いつも充電しておけば、停電のときにも活躍してくれそうです!

自然音アラームで気持ちよく目覚めることができる

こちらも、評価が良かった口コミの内の一つ。
電子音やベル音は無理矢理起こされている感じがして、不快ですよね。
YABAEは自然音で起こしてくれるので、音でビクッとならずに自然に起きられそうです。

YABAE Wake Up Lightのデメリット

スヌーズ機能がついていない

アラーム音は5分間鳴り続けますが、一度消してしまうと再度鳴ることはないので、二度寝してしまう人にはちょっと頼りないでしょう。スヌーズ機能がついていないのは、目覚まし時計としてはちょっと致命的かもしれません。

朝アラーム音を消すと、光も同時に消える

YABAEはアラーム音を消すと、光も同時に消えてしまいます。無意識にアラームを止めてしまったら、結局部屋は暗くなってしまうので、光目覚まし時計としては残念なところです。

以上のことから、YABAE Wake Up Lightは以下のような人にお勧めできます。

  • スヌーズ機能がなくても1度で起きられる
  • 朝目覚めの時に明るい部屋で目覚めたい
  • おしゃれなデスクライト、読書灯が欲しい

新型YABAE Wake Up Lightと旧型を比較!

実は、今紹介してきたのはYABAEの旧バージョン「YABAE Wake Up Light MY3」でした。
新バージョンは「YABAE Wake Up Light MY6」です。
形も、機能も少しずつ違うので、比較していきたいと思います。

各Amazonページはこちら

YABAE Wake Up Light MY3MY3とMY6の機能比較表

項目 MY3 MY6
大きさ 17.5×10×10(cm) 15.5×15.5×9(cm)
アラーム音 自然音
5種類
自然音
4種類
光調整 3段階 3段階
イルミネーションモード あり あり
スヌーズ機能 なし あり
おやすみモード なし あり
電池持ち
保証 12ヶ月間製品保証 1ヶ月間無条件返品返金保証
12ヶ月間製品保証

新型MY6で追加された機能は3つ!保証も充実。

新型YABAEで改善された部分は以下の通りです。

  • スヌーズ機能
  • おやすみモード
  • 電池持ちの改善
  • 保証制度の改善

旧型には無かった、スヌーズ機能が追加されました。これでやっと、目覚まし時計らしくなったような気がしますね。5分間隔で2回繰り返しアラームが鳴るようになりました。

また、就寝前に使える「おやすみモード」が追加。赤い優しい光がつき、オフタイマーを設定することで15~60分で自然と消えるように設定ができます。赤い光は睡眠を誘発するメラトニンの分泌を促し寝付きをよくしてくれます。

電池持ちに関しても改善し、充電回数が減るのは嬉しいことですね。

モード MY6 MY3
低輝度モード 120時間 8~9時間
中輝度モード 10~11時間 4~5時間
低輝度モード 5~6時間 2~3時間
イルミネーションモード 120時間 9~10時間

保障に関しても、12か月製品保証はもともとついていましたが、新型には1か月無条件返品返金保証が付きました。満足いかなかった場合も安心ですね。

明るさはどう違う?

MY6にはさまざまな機能が追加されましたが、明るさはどう違うでしょうか?

MY3高照度モードで点灯

MY6高照度モードで点灯

MY3のほうが背が高い分、光が遠くまで届く印象です。

寝室で使ってみた様子はこちら
MY3高照度モードで点灯

MY6高照度モードで点灯

MY3のほうが、枕元までしっかりと照らされている印象です。

【体験談】YABAE Wake Up Light MY3を使ってみた結果

「起きられるようになった」「明るさが足りない」という2つのレビューが混在するYABAE Wake Up Lightですが、実際の所どうなのか、使用してみました!

実際の明るさはおそらく2500ルクス以下

YABAE Wake Up Lightは230ルーメンとの記載があります。
生体メカニズムを利用して人を目覚めさせるには2500ルクス以上の光を浴びる必要があると言われていますが、YABAEにはルクスの記載がありません。

そこで、実際に2500ルクス以上の光を発すると言われているinti4と比較してみましょう。

光目覚まし時計YABAEを寝室で使用したときの明るさ
光目覚まし時計inti4を寝室で使用したときの明るさ

YABAE Wake Up Lightのほうが暗いのが一目瞭然ですね。
枕元に光目覚まし時計を置く場合、自然と光源から20~30cm離れることになりますがその地点ではすでに薄暗くなっていることが分かります。

毎朝inti4を使用し起床している私ですが、果たしてYABAEで起きられるのでしょうか・・・。検証してみます!

寝坊しました

平日に起きられるかどうかの検証をするという緊張感の中、YABAEをセッティングして就寝しました!

就寝環境(普段と違うところ)
・小物入れの上にYABAEを設置
→いつもはinti4を専用アタッチメントで設置
・目覚ましの音は小鳥のさえずり
→基本アラーム前に起きるが、保険としてinti4の大音量アラームを設定
・スヌーズ機能なし、アラームを止めると光も消える
→睡眠時間が短いときは二度寝することもあるので、サンダーススヌーズ機能を設定

結果・・・
30分寝坊しました!光で目覚めるどころかアラーム聞こえない~~

「起きられるようになった!」という口コミもあったので、もしかしてだいじょうぶなんじゃないかなと淡い期待を抱いていたのですが、私はダメでした・・・。

壊れてるんじゃないか!?と思ったんですけど、普通に光るし音鳴るし、異常なし。

赤ちゃんの頃から寝起きが悪いことで定評がある私には、少し光、音が弱すぎたようです。

起きられる人と起きられない人の違いのワケ

色素の違い

欧米人のように色素が薄い人は、光の刺激も受けやすいので、光目覚まし時計を使うときも効果が感じやすいと言われています。日本人は瞳も黒く、光の刺激に強いので光目覚まし時計の光量も強くないと効果が感じにくくなります。

光の感受性

光の感受性が弱い人は、網膜の細胞が少なく、目から取り入れた光を脳に伝える力が弱いと言われています。光の感受性が強い人はすぐに光の効果が感じられますが、弱い人は強い光で数ヶ月かけないと光で起きられるようにならないのです。

YABAEの光で起きられるようになった人は「光の影響を受けやすい人」だと思われます。このような人は、夏の日の出が早い季節にはスッキリ起きられる傾向にあるんです。

コレに当てはまらなくて、どんなときも寝起きの悪さに自信のある人は、しっかりとした機能と光のものを選ぶことをオススメします。

寝起きが悪いと自覚のある人にお勧めなのはコレ!

私が持っている8種類の中で、明るさTOP3は

です。
2500ルクス以上の夏の日差しのような昼白色の光でスッキリと起きることができます!

まとめ

以上、YABAE Wake Up Lightについてお伝えしました!

光目覚まし時計としては少し光量が足りないものの、デスクライトとして使うには評価が高い印象でした。

また、機能が充実したけど明るさが弱い新型か、昨日は少ないけれど比較的明るい旧型を選ぶかはあなた次第です!

光目覚まし時計選びで「失敗したくない」方は、こちらの記事もご覧くださいね。

【厳選比較】光目覚まし時計おすすめランキング!失敗しない選び方のコツとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

//ミエルカヒートマップ計測タグ