【必見】2018年度 最新光目覚まし時計ランキング!

【保育園】朝起きない子どもを機嫌良く起こす方法と、遅刻防止対策3選【幼稚園】

忙しい朝は、子供は元気よく目覚めて、しっかりご飯を食べてもらえれば理想的ですよね。

しかし、現実はなかなか思うように行かずに毎朝苦労されていませんか?

ぐずって起きてくれなかったり、そのせいでご飯を食べさせることが出来なかったら、ママはストレスが溜まってしまいますよね。

今回は、そんな寝起きが悪い幼稚園児のお子様に悩まされているママさんのために、機嫌よく起こす方法をご紹介します。

ぜひ、明日から実践して幼稚園を遅刻しないように予防していきましょう。

目覚めスッキリ!子どもを機嫌良く目覚めさせるための方法

毎朝、子供がスッキリ目覚めてくれたら、時間に余裕を持って準備することができます。

ここからは、子供を機嫌良く起こすための方法をご紹介しましょう。

カーテンを開け日差しを取り入れる

子供が寝ている部屋が暗い場合、朝日が入らないため、体が「まだ夜だ」と感じて、なかなか目覚めてくれません。

機嫌良く目覚めてもらうためには、カーテンから朝日が入るように光を取り入れましょう。

すると体が起きる準備をし始め、ぐずることなくスッキリと起きることができます。

言葉で「起きなさい」と何度も言うよりも、カーテンを開けて日差しを取り込み、朝の雰囲気を作ると効果的です。

テレビやラジオを付ける

機嫌良く目覚めさせるには、音を取り入れるのも一つの方法です。

ご飯の支度をする音やテレビの音を大きめにして聞かせてあげると、自然と起きてくれるようになります。

子供が好きなテレビやDVDを付けると、起きてからテレビ画面から離れなくなってしまう場合は、ラジオも良いですね。

ラジオならば手が止まることなく、朝の支度が出来るので効果的です。

朝ご飯は子どもの好物にする

寝起きはいつもぐずってしまう幼稚園児のお子様には、朝ごはんは子どもの好物を用意してあげると、喜んで目覚めてくれます。

好きな食べ物を見たり匂いを嗅ぐと、嬉しくなって起きてくれるのです。

しかし、食べ物で吊るやり方は、毎日続けると効果がなくなってしまうので、時々やるのが良いですね。

冬は暖房で部屋を暖める

寒い日は布団から出たくない…というのは大人も子供も同じですよね。

できれば温かいお布団でいつまでも寝ていたい…と思うのが普通なので、起きやすい環境を作ってあげましょう。

部屋の温度が低いと「起きたくない」となってしまうので、布団と温度差がないように、部屋を温めてあげると効果的です。

好きなキャラクターの目覚まし時計にする

寝起きが悪いお子様には、好きなキャラクターの目覚まし時計を使うのもオススメ。

好きなキャラクターの声や音楽を聞くと体が反応して、機嫌よく起きてくれますよ。

例えば、妖怪ウォッチのキャラクターの目覚まし時計を使えば、楽しい気分で目覚めることができますね。

子供が好きそうな目覚まし時計を日替わりで変えてみるのも効果的です。

キャラクター目覚まし時計5選!新入園、新入学のプレゼントに最適!

何しても起きない。保育園、幼稚園に遅刻しないための事前対策

テレビを大音量でつけても、カーテンを開けても何をしても起きてくれない場合もありますよね。

そんな時は幼稚園に遅刻してしまう可能性大になり、朝からバタバタしてしまいます。

ここからは、幼稚園に遅刻しないための予防法をみていきましょう。

朝ご飯は車の中や自転車で食べられるものを用意しておく

いつも寝起きが悪いお子様の場合は、ぎりぎりまで寝かせて、ご飯は移動中に食べれれるものを準備しておくと良いですね。

朝ごはんを食べさせることは大切なので、寝坊しても朝ごはんを食べられるように、おにぎりやサンドイッチなど準備しておくようにしましょう。

夜のうちに次の日の朝の準備を済ませておく

いつも寝坊してしまうお子様は、前日から荷物や服の支度をしておくようにしましょう。

起きてからバタバタすると遅刻してしまうので、寝坊を前提に前日から準備しておくことをオススメします。

パジャマのままで連れて行けるよう、着替えを用意しておく(保育園)

ぎりぎりまで寝ているお寝坊さんは、車内でも着替えられるように、制服や靴下、バッグを準備しておきましょう。

パジャマで車に乗り込んでも、幼稚園に行く前に支度すれば遅刻を予防できますね。

もちろん、ママさんは安全運動を心がけましょう。

夜の生活習慣を変える

朝の目覚めを良くするためには、夜に早めに寝かしつけることも大切です。

幼稚園児は約10時間の睡眠時間が必要だと言われていますので、朝7時に起きる場合は、夜9時に寝かせると目覚めが良くなるでしょう。

テレビを遅くまで見るのは習慣になってしまい、寝起きが悪くなってしまうので気をつけてください。

大人も遅くまでテレビを見ていると、子供は気になって眠れなくなってしまうので、大人の夜ふかしも気をつけましょう。

そして、昼寝をし過ぎると夜眠れなくなってしまいますので、時間は調整するようにしてください。

まとめ

今回は、朝起きない子供を機嫌よく起こす方法と幼稚園を遅刻しない対策法をご紹介しました。

多くの場合は、生活習慣を見直すことによって、子供の寝起きを改善することができます。

万が一、寝坊してしまった時の対策もしておくと遅刻を予防できるので参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

//ミエルカヒートマップ計測タグ